離婚の相談

道路を挟んだ場所

何らかの理由で離婚をしなければならないという状況はないとは言い切れません。離婚は思っている以上にエネルギーのいるものです。両者がスムーズに了承しえなければどうしてもこじれてしまい、まとまる話もまとまらなくなってしまいます。こういう場合、離婚問題を法的に整理してくれる法律のプロの弁護士の力を借りる必要があるでしょう。弁護士に依頼すると離婚に関する手続きや権利について整理をすることができます。そもそも離婚と一言で言っても、幾つか種類がありどの離婚方法を選択するかでアプローチの仕方が変わってきます。離婚には協議離婚と調停離婚と裁判離婚があり、協議離婚は互いに話し合い離婚に至るタイプで調停離婚は第三者の仲介による離婚になります。弁護士が必要になるのは裁判離婚を選択するときで、裁判によって親権や慰謝料、財産分与などが取り決められます。

弁護士に依頼する時は弁護士事務所を利用することになるでしょう。各都道府県に弁護士事務所は存在し、仙台では仙台の弁護士、東京では東京の弁護士というように日々弁護士事務所では相談窓口が開かれています。弁護士への依頼は敷居が高く、実際費用もそれなりにかかってきます。依頼する前にこのような相談窓口を利用し、現状を伝えた上で簡易的なアドバイスを受けることができます。相談窓口は基本的に無料で利用することができ、定期的に市町村では無料相談会というのが行われています。

このエントリーをはてなブックマークに追加