すぐに

メモを取る

着手金と実費を支払う

何らかの民間トラブルに巻き込まれたときには、弁護士にその相談をしなくてはいけません。 弁護士に相談をして実際に手続きをするときには、相談料金以外にも着手金というものを支払う必要があります。 着手金というのは、実際に仕事に着手したときに生じる費用のことを言います。 弁護士の手続きには事務手続きが多いため、その事務手続きに対する報酬と考えて間違いありません。 これに加えて、裁判所などに書類を提出しなくてはいけないときは印紙代や交通費などを支払う必要があるのです。 着手金と裁判費用はまた別の料金となるため裁判をしないのならば支払う必要がないということを理解しておくことです。 弁護士に対して余計な費用を支払うことはないのです。

裁判は勝ってから料金を支払う

着手金や実費に関しては事務手続きとして必要になるお金であるため必ず報酬として支払う必要があります。 しかし、必ずしも弁護士に対して支払う必要がない費用も存在するのです。 それが、裁判費用です。 裁判費用に関しては、法律的にも完全な成功報酬となっています。 依頼人が裁判を起こしたときは弁護士が裁判で勝利を収めないと報酬を貰うことができません。 そのようなときにまで弁護士に対する報酬を認めていたのでは公平の観点から良くない結果を引きこすことになるのです。 そのため、裁判費用に関しては成功報酬として何%かの報酬を最初から貰うことを決めてから手続きを進めます。 結果的に、裁判に負けてしまったときには着手金等の費用だけで十分なので弁護士に請求されてもその報酬を拒否して構わないのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加