変化する制度

見積書を作成

たびたび変わる税金制度

親がなくなったらあなたは親の財産を相続しますか。うちの親は財産を持っていないから相続なんて関係ないよという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 土地や建物、預貯金などプラスの財産もあれば借金などマイナスの財産も一つの資産です。相続をするということはこれらの資産全部を受け継ぐということです。いずれにせよ相続の意思をはっきりさせることが大切です。 もしプラスの財産だけがあってそれを受け継ぐのであれば、今度は相続税がついて回ります。これは度重なる税法の改正により遺産にかかる基礎控除や税率がたびたび変わるので注意をして税務署に申告をしましょう。 また信頼できる税理士さんや司法書士さんに相談に行かれることも検討されてはどうでしょうか。

相続税の税額はいくらか

相続税の税額は、残してもらった資産により決まります。不動産などはその不動産の評価額で決まり、預貯金などはその金額で決まります。 平成25年度の改正により遺産にかかる基礎控除は定額控除3000万円に、法定相続人控除が600万×法定相続人の数です。つまり配偶者と子供が二人いれば合計4200万円が基礎控除の金額です。受け継ぐ資産が4200万円以下の場合税金の申告は必要としません。 また未成年者や障害者がいる場合、納める税金の金額から直接その控除額を差し引いて申告をすることになっています。 親から資産を引き継ぐ場合その受け継ぐ金額をよく把握し、それに対して税金がかかるのかかからないのかよく調査して引き継ぎたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加